株式会社ヨドバシカメラ
代表取締役社長

藤沢和則

株式会社ヨドバシカメラ

国内有数の家電量販店として、23の店舗とインターネット通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」を展開。最先端の情報システム活用により、700万アイテムを越える豊富な品揃えを実現し、実店舗と通販サイト両方のメリットを活かした利便性の高い顧客サービスを展開している。
                   
設立年月日1960年4月
代表者代表取締役社長 藤沢 和則
売上高7,318億円(2021年3月現在)
従業員数5,000名(2021年3月現在)
事業内容パソコン・OA機器・カメラ・デジタルカメラ、オーディオ・ビデオ機器、家電、時計、携帯電話、ゲーム機およびソフト、CD/DVDソフト、書籍/電子書籍、スポーツ/アウトドア用品、日用品などの販売。

 
ヨドバシ・ドット・コムの改善企画書を持ち込んでくれたのが10年前のことです。起業したばかりのユニバーサルナレッジに実績はありませんでしたが、ヤフーなどのIT業界での長年の経験をかいました。
 
はじめに着手してくれたのがログ分析でした。どんなキーワードで検索されているかも把握していなかった私たちに、ログからお客様の購買行動を読み取るというインサイトをもたらしてくれました。多いときは週に何度も会って改善を繰り返し、検索サジェスト導入をはじめとして、ユーザーインターフェースの改良、次いですばらしいサイト内検索ユニサーチを導入してくれました。
 
当時のヨドバシ・ドット・コムはPC・電化製品がメインで、30万点程度の品揃えでしたが、書籍、CD・DVD、日用品、食飲料、スポーツ用品と拡張を続け、いまや700万商品を取り扱っております。また、1日の検索数も当時の26倍になりました。その拡張を影で支えてくれたのがユニバーサルナレッジの知験であり、お客様の意図を読み解いてくれるサイト内検索でした。
 
ECサイトの検索の潮流を、テキスト検索から購買行動に基づいたAI検索に変えたのはユニバーサルナレッジの功績だと思います。まだまだ検索は進化すると思いますが、次世代の検索にも期待しています。

Q&A よくあるご質問

サイト内検索「ユニサーチ」について、お客様から寄せられたよくあるご質問とその回答をご紹介しています。